正しい診断、正しい治療を目指します。|前橋中央眼科
  1. Home
  2. 当院の特長

当院の特長

当院では、群馬大学医学部付属病院の眼科に在籍していた医師が常勤医師として赴任し、診療します。網膜硝子体疾患や緑内障を中心に、一般眼科にも対応します。具体的には糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、黄斑円孔、黄斑前膜、加齢黄斑変性、白内障、緑内障などです。手術も行いますが、すべて日帰りになります(入院設備はありません)。また、コンタクトレンズ処方は行いません。

検査

検査は疾患に応じ、必要なものを行います。疾患は多種多様、様々な検査機器を必要とし、当院でも多くの疾患に対応できるよう、様々な検査機器をそろえております。ただ、機器の豊富さ以上に特筆すべきは、検査を行う検査員です。当院は新設のクリニックではありますが検査員は知識、経験ともに豊富であり医師の信頼も厚く、安心して検査を受けていただけます。 当院で行える具体的な検査や検査機器については次の通りです。 細隙灯顕微鏡や倒像鏡などの前眼部から眼底を直接観察する検査はもちろん、網膜硝子体疾患(眼底疾患)の観察や記録、さらに解析まで行う検査機器として、眼底カメラ、光干渉断層計(OCT)、共焦点レーザー走査型眼底検査装置(HRA2)、超広角眼底撮影装置オプトス社製200Txを備えており必要に応じて検査が可能です。網膜疾患に対する電気生理検査機器は、トーメー製ERG(網膜電図)のLE-4100を備え、多局所網膜電図検査にも対応できます。緑内障の検査にも光干渉断層計(OCT)を用いた神経の形状解析を行い、従来から行われる視野検査もハンフリー製の視野計(静的視野検査)、ゴールドマン視野計(動的視野検査)の両方を必要に応じて使い分けて行うことが可能です。眼圧検査も非接触型空気眼圧測定装置、点眼麻酔をして行う圧平式眼圧計(アプラネーション、トノペン)がありそれぞれ適した方法で検査可能です。その他、屈折検査、視力検査、メガネ処方、斜視に行う眼位検査、シノプト検査、両眼視検査、多種多様な疾患に応じた最適な検査を行うことができます。

検査

治療

点眼、内服の処方はもちろん、硝子体手術、白内障手術、緑内障手術、レーザー光凝固術、硝子体注射など行います。当院の特徴として、これらは、すべて局所麻酔、日帰りになります。もし、全身麻酔や入院が必要な場合は、全身麻酔や入院設備のある病院をご紹介させていただきます。また、涙道疾患、眼腫瘍など専門性の高い疾患、血液疾患など密に他科との連携が必要な疾患などもそれぞれの専門医に紹介させていただきます。

当院で行える具体的な治療は主に次の通りです。

  • 点眼処方、内服処方、メガネ処方など一般的な治療(コンタクトレンズ処方は除く)
  • 黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、網膜症、網膜剥離などに対する硝子体手術、白内障手術、緑内障手術(すべての手術は局所麻酔、日帰り手術です)
  • 加齢黄斑変性、近視性脈絡膜新生血管、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑症の硝子体注射(ルセンティス、アイリーア、マキュエイド)
  • 糖尿病網膜症、網膜裂孔などのレーザー光凝固術(マルチカラーレーザー)
  • 後発白内障の後嚢切開術(YAGレーザー)
  • 緑内障の毛様体光凝固術(サイクロレーザー)
  • 炎症に対する球後注射、テノン嚢下注射、結膜下注射

など、これらが治療の中心となります。

検査